年代にあったニキビケアが必要です。

思春期頃にからずっとニキビに悩まされている大人の女性は意外と多いものです。

「ニキビケアを頑張っているけれど全然改善されない」と悩んでいる方は、思春期と同じようなニキビケアを続けていませんか?年代によってニキビの状態が違うため、年代にあったニキビケアをするのがキレイに治すポイントです。

大人になってからのニキビは、思春期ニキビのような皮脂が過剰に分泌されることでできるのではありません。大人ニキビの主な原因はストレスや生活習慣の乱れ、乾燥などによってお肌のターンオーバーが乱れ、不要な角質がうまく剥がれ落ちずに皮膚が分厚くなって毛穴をふさぐことが原因です。

ですから、大人ニキビを改善するにはターンオーバーを正常化させるのが重要です。

ストレスを上手に発散したり、栄養バランスのとれた食生活を心がけ、質の良い睡眠を意識しましょう。合わせて大切なケアは保湿です。ニキビ=皮脂の過剰分泌という思い込みから、洗顔のしすぎやスキンケアを省いたりして悪化させてしまうケースも多いです。

お肌をしっかり保湿することで、角質が分厚くなることを防ぎ、ターンオーバーの正常なサイクルのサポートできます。また皮脂分泌も正常に整えられますから、皮脂を取りすぎるケアではなく、潤いを与えるケアを行いましょう。